ティターンズ所属の兵器一覧

RX-178 ガンダムMK-II (ティターンズカラー) RX-178 ガンダムMK-II (ティターンズカラー)
ガンダム (RX-78-2) をベースに、ティターンズが開発した機体。第一話からティターンズの実験機体として登場。開発責任者はフランクリン・ビダン。 クワトロが奪取した後、エゥーゴカラーに塗装しなおされ、カミーユやエマなどが搭乗した。
主な搭乗者:ジェリド、カクリコン、エマ
RMS-106 ハイザック RMS-106 ハイザック (ティターンズカラー)
地球連邦軍・ティターンズの量産型モビルスーツ。主に地球連邦軍は青のカラーリング、ティターンズは緑のカラーリングを使用。 ティターンズ主力機はマラサイ、バーザムへと代わっていくが、結構最後まで登場する。
主な搭乗者:ジェリド、カクリコン、サラ
RMS-117 ガルバルディβ RMS-117 ガルバルディβ
地球連邦軍の量産型モビルスーツ。巡洋艦ボスニアに所属するライラ・ミラ・ライラがガルバルディ隊を率い、再三アーガマを苦戦させている。 後にパプテマス・シロッコ指揮下のドゴス・ギアにも配備されている。
主な搭乗者:ジェリド
RMS-108(MSA-002) マラサイ RMS-108(MSA-002) マラサイ
ティターンズの量産型モビルスーツ。ティターンズから「MK-II強奪」に関与したと疑われたアナハイム・エレクトロニクス社が、 嫌疑をかわす為に地球連邦軍用に開発していた機体として譲渡した。後に量産される。結構スペックが高い。
主な搭乗者:ジェリド、カクリコン、サラ
RX-110 ガブスレイ RX-110 ガブスレイ
ティターンズの試作型可変モビルスーツで、機動性と火力に優れている。ジェリド・メサ中尉とマウアー・ファラオ少尉が搭乗し、度々アーガマ隊を苦しめた。 マウアー機がジェリド機を庇い撃墜される。
主な搭乗者:ジェリド、マウアー
PMX-001 パラス・アテネ PMX-001 パラス・アテネ
パプテマス・シロッコがジュピトリス内で設計・完成させたモビルスーツ。火器類に重点を置いた設計になっており、その分機動力が犠牲になっている。 レコアが操縦する本機が、バスクのドゴス・ギアを撃沈した。
主な搭乗者:レコア、シロッコ
PMX-003 ジ・O PMX-003 ジ・O
シロッコが巨大輸送船ジュピトリスで開発した試作型重モビルスーツ。かなり大型で、出力・機動力共にモビルアーマークラス。 Zや百式、キュベレイなど、最高クラスのモビルスーツと激しい戦闘を繰り広げたシロッコの最終搭乗機。
主な搭乗者:シロッコ
MRX-009 サイコガンダム MRX-009 サイコガンダム
地球連邦軍のニュータイプ機関「ムラサメ研究所」が開発した、強化人間専用可変モビルアーマー。 パイロットのフォウに悲劇をもたらした、哀しみの漂う機体。物凄い火力で、ニューホンコン・シティーに甚大な被害を与えている。
主な搭乗者:フォウ



関連リンク