Zガンダム第5話「父と子と…」

クワトロ フランクリン・ビダン大尉…。困ったお方だ。
ロベルト よろしいのですか?我々で追いつけます。
クワトロ ガンダムMk-Uの加速性能は抜群だ。
ロベルト しかし、自分としてはリック・ディアスの方にプライドを感じます。名言
クワトロ 当たり前だ。が、フランクリンもなまじの技師じゃない。気をつけろよ。
ロベルト 了解。
0:56:17 

自分の搭乗しているモビルスーツに対する深い愛情やこだわり。リック・ディアスもロベルトに搭乗されて喜んでいることでしょう。パイロットとモビルスーツの相互性は、ストーリーが進む上で重要なファクターです。ここから更に発展した相互性が、永井護さんの「ファイブスター物語」で見ることができます。
ブレックス 知っているかね。「赤い彗星」と呼ばれた男を。名言
ヘンケン 自分は、ア=バオア=クー会戦のとき、後方のサラミスにいました。
ブレックス ほう。
ヘンケン しかし、あのジオングというのは見ていません。 ですが、何といいますか、赤い彗星の力といったものは感じましたし、今も感じますね。名言
ブレックス 誰にだ?
ヘンケン クワトロ・バジーナ大尉にです。
ブレックス なるほど…。彼はジオン・ダイクンの遺志を我々スペースノイドに伝えようとしている。名言
0:56:53 
「赤い彗星」そのものが名言です。そしてヘンケンが「赤い彗星」の力を記憶していて、それをまだ感じるということがポイントで、いずれはシャアの存在が明らかになるということを暗示しているようです。
レコア カミーユは強い子よ!名言
1:01:44 
そうです。カミーユは強い子です。レコアは大人です。エマも大人ですが、カミーユにとってはレコアが姉、エマが母親という感じでしょうか。
カミーユ 神様がいるって信じたくなったよ。大尉!
フランクリン おぉ!
カミーユ あなたという人は!
フランクリン カミーユか!撃つのか…!親を!親に銃を向ける…。そんな風に育てた覚えはない!私だって親の務めは果たしてきた。 それを!私の立場を考えずにお前は!
カミーユ 子供の言い分だってあるんだ!あなたは…!
フランクリン 来るなー!
カミーユ やめなさいよ!名言
フランクリン ガンダムMk-Uがなんだ!私は次を考えている。そんなものに…そんなものに…敗れるものではないんだ!
カミーユ 父さん、冷静になって!
フランクリン (援護射撃に撃たれる)うわっ!
クワトロ 迷いは自分を殺すことになる!ここは戦場だぞ!
カミーユ 誰…?(フランクリンはリック・ディアスから脱出するが、爆発の衝撃で吹き飛ばされる)あぁ…!バカヤロ…!
1:05:11 
子供に「やめなさいよ!」と言われた親は恥ずかしいですね・・。カミーユの成長が見て取れる名言です。
カミーユ こんなことをやるから、みんな死んでしまうんだ! お前らがいなければ、こんなことにはならなかったんだー!名言
1:05:55 
モビルスーツ戦のカッコよさの裏には、それぞれの哀しみがあります。カミーユは両親を戦争で、しかも目の前で亡くし、哀戦士としての道を歩んでいきます。この叫びは、戦争はカッコイイものではなく、哀しいものだという真っ当なメッセージでもあるのです。
エマ 大尉は、まだ私をスパイだとお思いですか?
クワトロ それはそうだ。君の御両親が地球にお住まいならば、人質にとられているようなものだからな。君がティターンズに戻る可能性はある。
エマ それは、現実的な見方ですね。
クワトロ そうだ。今も、両親の命を盾に敵が追ってきて、その敵と戦ってきた少年がここにいる。
エマ それを聞いて来たのです。両親は志の高い人たちです。私のやることを理解して、許してくれると思います。
カミーユ いいですね。素敵だ。
エマ カミーユ?
カミーユ エマ中尉のように、真実親をやっていらっしゃる大人を、親に持てて…。
レコア カミーユ?
カミーユ いけませんか?こんなこと言って!でもね、僕は両親に親をやってほしかったんですよ! そう言っちゃいけないんですか…子供が。父は、前から愛人を作っていたし、母は父が愛人を作っていたって、仕事で満足しちゃって。 そんな父を見向きもしなかったんです。軍の仕事ってそんなに大切なんですか! 「エゥーゴだティターンズだ」って、そんなことじゃないんです!子供が無視されちゃ、たまんないんですよ。
クワトロ よく分かる話だが。
カミーユ 死んだ両親のことは、言うなというのですか?
クワトロ そうだ。そして、次の世代の子供たちのための世作りをしなくてはならん。名言
カミーユ 僕にそんな責任があるわけないでしょ。
クワトロ あるな!
カミーユ 大尉は僕の何なんです!目の前で二度も親を殺された僕に、何かを言える権利を持つ人なんて、いやしませんよ!
クワトロ シャア・アズナブルという人のことを、知っているかね?名言
カミーユ 尊敬してますよ。あの人は、両親の苦労を一身に背負って、ザビ家を倒そうとした人ですから…。 でも、組織に一人で対抗しようとして敗れた、バカな人です。
クワトロ 正確な評論だな。が、その言葉からすると、その人の言うことなら聞けそうだな。
レコア クワトロ大尉…。
カミーユ 会えるわけないでしょ。
クワトロ その人は、カミーユ君の立場とよく似ている。彼は個人的な感情を吐き出すことが、自体を突破する上で、一番重要なことではないのかと感じたのだ。
カミーユ 聞けませんね!僕にとっては、エゥーゴもティターンズも関係ないって言ったでしょ。 大人同士の都合の中で死んでいった、バカな両親です。でもね、僕にとっては親だったんですよ!くっ!(部屋を飛び出す)
クワトロ カミーユ君!
レコア あんなことを持ち出して説得するなんて、上手じゃありませんね。
クワトロ そうだな。俗人は、ついつい「自分はこういう人を知っている」と言いたくなってしまう、嫌な癖があるのさ。名言
1:10:34 
シャアの熱い想いは「次の世代の子供たち」にも向けられています。最終話でも「新しい世界を創るのは老人ではない!」という名言を残していることから、次の世代のことを真剣に考えていることが分かります。クワトロ・バジーナと名を偽り、シャアであることを隠しているのにもかかわらず、自ら「シャア・アズナブル」という名前を出すというのは、それほど別人を演じているという自信からでしょうか。



Zガンダム第5話「父と子と…」名言集 関連リンク

Zガンダム名言集リスト

Zガンダム各話あらすじ

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ