Zガンダム第7話「サイド1の脱出」

クワトロ ブレックス准将と同じように、私も君には興味がある。
カミーユ 興味だけで、一人の少年を戦争に駆り立てるんですか?
クワトロ 手厳しいな。軍の人事広報を見ても、アムロ・レイの跡は追跡できないのだ。
カミーユ 前のガンダムのパイロットだったら、ニュータイプがですか?
クワトロ そうだ。今の地球連邦軍というのはそういうところだ。地球に住む人々とは、魂を重力に引かれて飛ぶことができない。名言
カミーユ だからって…僕がパイロットになって何になるんです?
クワトロ 地球の人々の魂を…
カミーユ 関係ないでしょ、僕には!
クワトロ そうかい。
カミーユ アーガマは、僕を中尉待遇で扱ってくれますか?
クワトロ ハッハッハ…。あり得るな!
カミーユ 大尉はなぜ軍人なんです?
クワトロ 「なぜ軍人」?
カミーユ 訊きたいものです。
クワトロ 他に食べる方法を知らんからさ。だから未だに嫁さんももらえん。名言
0:04:47

「魂を重力に引かれて」。何と文学的な表現なのでしょうか。素敵な言葉です。しかしこの表現はスペースノイドが地球に住む人々を蔑む常套句なので、あまりきれいな言葉ではないのかもしれません。そしてシャアが「嫁さん」という意外性。根っからの軍人なんですね、シャアは。
カミーユ なんで死体を放っておくんです?
クワトロ 数が多過ぎる。
カミーユ なぜ、こんな風に人を殺せるんですか!
クワトロ 直接、刃物を持って殺さないからさ。手に血が付かない人殺しでは、痛みが分からんのだ。名言
エマ …でしょうね。
0:12:36
その通りです。これは今の世界情勢にもあてはまります。もっと身近な例では、口にする肉が美味しいのは、牛や豚が屠殺されている現場を知らないから、捨て犬が減らないのは、ガス室で命を落とす苦しみを知らないからです。シャアの言葉は深いですが、たまに浅いときもあります(笑)
ライラ 負けるものか!あんな子供に!私がジャマイカンに言った通りだ。ジェリド、油断するな。奴は只者じゃない!そうか…。私が今あの子のことを「只者じゃない」と言った。この分かり方が無意識の内に反感になる。これが…オールドタイプということなのか!名言
0:21:23
ニュータイプに対し、オールドタイプの概念がここで丁寧に語られています。「反感になる」ことから、オールドタイプはニュータイプに敵対するものだということが分かります。後にも先にも「オールドタイプ」が登場するのはここだけです。ライラ、貴重な名言をありがとう!
ヘンケン おめでとう!君ももう一人前の立派なパイロットだ。
ブレックス アムロ・レイの再来だよ、君は。名言
クワトロ 同感だな。カミーユ・ビダン君。
カミーユ ダメです。僕はまだ、軍人になるって決めたわけではありません。もう少し、このままの方がいいんです…。もう少し…。
エマ この子、私には分からない何かを、感じている…。
0:22:25
本人にズバリ言っちゃいましたね。フランク・マリノというギタリストが登場したときは「ジミ・ヘンドリックスの再来」と言われていましたが、「伝説の人物+再来」というのは、その時代を担うヒーローの登場というわけです。



Zガンダム第07話「サイド1の脱出」名言集 関連リンク

Zガンダム名言集リスト

Zガンダム各話あらすじ

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ