Zガンダム第13話「シャトル発進」

カツ 父は、ジャブローの動きを知って、カラバの一員として支援に向かったんです。それなのに、なぜあなたはここにいるんです?
アムロ 僕は、カラバという組織のことは知らないな。
カツ エゥーゴのことも?
アムロ 報道されている程度のことは…。
カツ なら、カラバに参加するとか。アムロさん!
アムロ 僕のように後方にいる者がいなければ、君たちは逃げる所さえなかったんだよ。
カツ 逃げ込んだんじゃありません。母を守るために仕方なくここまで従って来たんです!
フラウ カツ!
カツ あなたは、ここの生活がなくなるのが怖くって、軍の言いなりになってるんでしょ?
フラウ カツ、いい加減にしなさい!
カツ 母さんは黙っててよ!
アムロ ここの生活は地獄だよ…。
カツ アムロさん!子供の僕にこうまで言われて平気なんですか!?地球連邦政府の監視は緩んでいます!本当のことを言って下さい!
フラウ 言える訳がないでしょう!軍はあなたが思っているほど甘くはないわ。
カツ 地球連邦軍は浮き足立ってるから、ティターンズの言いなりになってるんじゃないんですか?
アムロ 僕は1年戦争で十分に戦ったよ、カツ君。名言
カツ でも、あなたはまだ若いんですよ。
アムロ ニュータイプは危険分子として、僕はここに閉じ込められているんだ。
カツ 分かってます!
アムロ なら、こういう生活を強制されたら、少しは骨抜きの人間になったって仕方ないだろ。
カツ 僕らにとって、いえ、母にとっては、アムロさんはヒーローだったんです。そんなことを言わずに、「地下にモビルスーツが隠してある」とくらい言って下さい!名言
フラウ カツ!おやめなさい!
カツ はい!(走り去る)迷言
フラウ 私たち、明日出るわ。
アムロ どこへ…?
フラウ 日本へ行く予定なの。
アムロ 君の立場で出国できるのか?
フラウ なぜかビザは下りたわ。カツの言う通り、地球連邦政府の動きは、いい加減になっている証拠ね。
アムロ 切符は?
フラウ ごめんなさい。4、5日はここにゆっくりできると思ったから…まだ。
アムロ よし、明日僕が手配しよう。
フラウ ありがとう。ごめんなさいね…。生意気な子供ばかりで…。
0:55:17

そうです、アムロは1年戦争で十分に戦いました。自分で自分を褒めるアムロのこの言葉、素直に名言です。初代ガンダムを視聴していない方は必ず視聴しましょう。アムロの可戦士としての1年は想像を絶するものがあります。カツがアムロを“ヒーロー”だと煽てるところはアムロのファンの気持ちを代弁してくれています。
そして好きなことを言うだけ言って「おやめなさい!」と言われて「はい!」といって走り去るこのバカっぽさ、カツの若さでしょうか。ゼータを見ていて、カツの幼稚で自分勝手な行動には本当に腹が立ちます。
クワトロ ケネディ空港は安全なのか?ハヤト・コバヤシ君。
ハヤト カラバで制圧しております。
クワトロ カラバか…。好きではないな。
レコア なぜ?
クワトロ まるで秘密結社の名前だ。名言
一同 (笑)
0:55:37
大人のシャアならではのジョークですね。小学生の頃の私はこれを見て「秘密結社」という俗語を覚えました(笑)
女性スタッフ あ、ハヤト館長。今しがた、背の高い方がこれを渡してくれと。(ハヤトは戦争博物館の館長をしている。アウドムラの艦長でもある。館長か艦長、迷った!)
ハヤト ありがとう。ん?カイからだ。

to Hayato Kobayashi

It was nice to see you again.
Do you know have many years have
passed since I saw you last?
How's your wife FRAU BAW and kids?
They sare should be happy with you
I wish I were you.

Captain Quattro, he is a CHAR.
He should becoming the leader b
is satisfied with being meve soldier
I really don't like his attitude of aso
aping from reality.

So I don't want to be with him. I
am going to gather the information T.

(一部スペルや文法が不明な個所がありますが、そのまま引用しました)
0:57:42
クワトロ (上記の手紙をハヤトから見せられて)私には関係のない手紙だな。
ハヤト カイはあなたのことをシャア・アズナブルだと言っています。本当のことでしょうか?
クワトロ 買い被ってもらっては困ります。ジオンのシャアがなんでエゥーゴに手を貸すのです?
ハヤト ザビ家は7年前に滅びました。となれば、シャアという人は地球再建を志に抱いてもおかしくはない人です。その人が地球圏に戻り手を貸す…。解る話です。
クワトロ 仮に私がシャアだとしたら、君は何を言いたいんだ?
ハヤト 急いで下さい!…カイの手紙にこう書いてありましたね?「リーダーの度量があるのにリーダーになろうとしないシャアは卑怯だ」と。モビルスーツのパイロットに甘んじているシャアは、自分を貶めているのです。
クワトロ シャアという人がそういう人ならばそうでしょう。
ハヤト 10年、20年かかっても、地球連邦政府の司掌になるべきです。
クワトロ しかし私は、クワトロ・バジーナ大尉です。
カミーユ もしそうなら、それは卑怯ですよ。シャア・アズナブル、名乗った方がスッキリします。
クワトロ ガンダムをシャトルへ移動させろ。
カミーユ しますよ。どっちなんです?教えて下さい!
ハヤト お認めになっても、いいのではありませんか?
クワトロ 今の私は、クワトロ・バジーナ大尉だ。それ以上でも、それ以下でもない。
カミーユ 歯くいしばれ!そんな大人、修正してやる!(クワトロを殴る)名言
クワトロ (殴られて吹っ飛びながら)これが若さか…。名言
カミーユ どんな事情があるか知らないけど、どんな事情があるか知らないけど…!
クワトロ 人には恥ずかしさを感じる心があるということも…。おっ?
1:03:17
軍隊の理不尽な理屈をウォンによって文字通り叩き込まれ、カミーユは強くなりました。シャアをよく殴った!偉いぞカミーユ!
シロッコの「蚊トンボ」に並ぶ、シャアの歴史に残る迷言です。この情けなさ、最低です(笑)
カミーユ 大尉、ありがとうございました。
クワトロ 君こそよくやってくれたな。
カミーユ でも…ロベルト中尉が…。
クワトロ 良いパイロットだったな。これが戦争だ。名言
カミーユ たまりませんね…。
クワトロ そうだ。しかし感傷に浸っている暇はない。これだけ同士がいればまだまだ戦える。装備の点検と修理を急ごう!
一同 はい!
クワトロ で、このアウドムラはどこに向かうのだ?
ハヤト ヒッコリーに向かいます。
クワトロ ヒッコリー?
ハヤト ここで駄目ならば次の手を打ちます。ヴァンデンバーグの近くにカラバの同士がいます。
クワトロ それは凄い。
ハヤト 補給も必要ですし。
カミーユ そういうことか…。地球連邦政府は、地球上でも敵を作っているのか。地上で文明を築くことは、また地球を汚染することだと、なぜ気がつかない人々がいるんだろうか。そんなことで人を傷つけ合うのは、つまらないことなのに…。名言
1:10:29
シャアのこの言葉は、戦争の残酷さを覚悟し、哀しみ受け入れた者だけが言える名言です。ララァを失った過去があるからこそ、重い言葉となって響きます。そしてカミーユはいつも真っ当なことを言います。カミーユもまた、哀戦士です。

Zガンダム第13話「シャトル発進」名言集 関連リンク

Zガンダム名言集リスト

Zガンダム各話あらすじ

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ