Zガンダム第32話「謎のモビルスーツ」

クワトロ 食べないのか?
レコア クワトロ大尉。食欲がないんです。お飲みになります?あっ…(ミルクを落とすが、クワトロがキャッチ、レコアがクワトロの手を握る)
カミーユ ん?
レコア ごめんなさい…。
クワトロ いや。
レコア お、お先に失礼します。
カミーユ 何かおかしいですね、レコアさん…。僕、いつも傍にいるから分からないんですけど。大尉は何か気がつきませんか?
クワトロ カミーユ。
カミーユ はい。
クワトロ 他人(ひと)の心の中に踏み込むには、それ相応の資格が要る。名言
カミーユ 分かってますよ、そんなこと。大尉には、資格があります。
クワトロ そうかな。何歳(いくつ)になっても、そういうことに気づかずに、他人(ひと)を傷つけるものさ。名言
0:29:18

やっぱりシャアは“大人”ですねぇ〜。シャアにとってララァ以上の女性は存在しません。ララァを失った穴があまりにも大きすぎるので、レコアのような並の女性では満たされないのです。レコアはそういうシャアの心情を察するべきなのか、それともシャアがレコアの心情を察するべきなのか・・。“大人の事情”が交錯します。
クワトロ 第二戦闘配備中だぞ?
レコア 大尉。すみません。すぐ、グリーティングルームに行きます。
クワトロ いや、君に話があって来た。
レコア クワトロ大尉…。
クワトロ 百式のメガバズーカランチャーの強化作業をやっている。
レコア あぁ…。
クワトロ エネルギー油タンクと、百式と行動を共にするモビルスーツが必要なんだが…。
レコア そのパイロットを、私にやれと?
クワトロ 危険な任務だが、(サングラスを少しずらして)やって欲しい。
レコア いいですよ、私は。
クワトロ なぜ植物を片付けるのだ?
レコア 植物の、モシャモシャした感じが、嫌になったんです。なんででしょうね?自分でも理由は分からないんですよ?
クワトロ そんなものだ。
レコア でも、片付けたからって、スッキリもしないしね。
クワトロ 何を苦しんでいるのだ?
レコア …、ん、そうね…。
クワトロ それも分からない…?
レコア ええ。自分のことをそんなに正確に分かる人って、いるのかしら?
クワトロ いないだろう。
レコア だから、分かることは、何もかも捨てて、どこかへ行ってしまいたいってことだけ…。
クワトロ それはできないな。人は誰も、引きずっているものは死ぬまで捨てられんよ。名言
レコア 分かってます…。大尉って、泣くことあるんですか?
クワトロ あるさ。
レコア ウソです。
クワトロ 本当さ。(レコアが目を閉じ、キスをする)出撃は15分後だ。遅れないように。
レコア …。
0:33:02
これはズバリ、ララァのことを言っているのでしょう。アムロやカミーユ以上に、シャアもまた哀戦士なのです。
クワトロ クワトロ・バジーナ、百式、出る!名言
0:33:37
無条件に名言です。

Zガンダム第32話「謎のモビルスーツ」名言集 関連リンク

Zガンダム名言集リスト

Zガンダム各話あらすじ

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ