Zガンダム第34話「宇宙が呼ぶ声」

トーレス そうだ!前方にマラサイの部隊がいる!エマ中尉もすぐに向かって下さい!
ウォン どうするつもりだ!?
ブライト メガ粒子砲の発射準備をしておけ。
サエグサ レコア少尉!少尉!応答して下さい!
ウォン どうした?応答しないのか?
サエグサ はぁ…。
ウォン レコア少尉!聞こえんのかー!
ブライト ウォンさん!!今は戦闘中です!ウロウロせずに、シートに座ってて下さい!
ウォン 何だとぉ!?
ブライト 自分はこの戦艦のキャプテンです。命令に従えないのなら降りてもらう!名言
ウォン …!
1:28:44

相手が誰であろうと、艦長としての筋を通すブライトの揺るぎのない姿勢には惚れ惚れします。
カミーユ (レコアの部屋に入る)探しましたよ…クワトロ大尉。えぇーい!(クワトロを左で殴る)あなたが、もう少しレコアさんに優しくしていたら、あんなことにはならなかったんです!分かりますか!?レコアさんは、今頃、暗い宇宙(うちゅう)を漂って…!
クワトロ サボテンが、花をつけている…。(レコアのデスクの上のサボテン)名言
1:34:42
レコアは第32話で自分の部屋の植物を片付けていましたが、全部は捨てられなかったんでしょう。サボテンが残っています。それは、レコアの「戦士である前に女性でありたい」という思いの欠片です。そのサボテンが花をつけている。シャアは今更ながら、レコアの苦しみを察することができたのではないでしょうか。

Zガンダム第34話「宇宙が呼ぶ声」名言集 関連リンク

Zガンダム名言集リスト

Zガンダム各話あらすじ

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ