第1話「黒いガンダム」あらすじ

宇宙世紀0087年3月2日。スペースコロニー“グリーン・オアシス”で暮らす高校生、カミーユ・ビダンは、 元ホワイトベース艦長のブライト・ノアが地球から来ていることを知り、同級生のファ・ユイリィと共に空港へやって来る。

そこで地球連邦軍のエリート部隊“ティターンズ”の一団に出会うカミーユ。 その一団の中にいたジェリド・メサ中尉は、ファがカミーユの名を呼ぶのを聞き「女の名前なのに…何だ男か」とつぶやく。 それを聞き頭に血が上ったカミーユはジェリドを殴り飛ばし、近くにいた憲兵に捕まってしまう。

その頃、反地球連邦政府“エゥーゴ”のクワトロ・バジーナ大尉率いるアポリー中尉、ロベルト中尉のリック・ディアス小隊が、 グリーン・オアシスにティターンズの秘密基地があるとの情報を得てコロニーに近づいていた。 ほぼ無警戒のグリーン・オアシスに単身潜入したクワトロは、そこでドックやモビルスーツと共に新型の黒い“ガンダムMk-II”を発見する。

一方、尋問中のカミーユは、地球連邦軍の技術士官である母に免じて釈放されるが、またも憲兵と喧嘩になり制裁を受ける。 しかし、彼らのいる建物にテスト中のガンダムMk-II(3号機)が落下する事故が起こり、カミーユは混乱に乗じて脱走する。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ