第2話「旅立ち」あらすじ

ガンダムMk-IIを奪取しようと企み、アポリー、ロベルトと共にリック・ディアスでグリーン・オアシスに再潜入したクワトロは、 侵入を察知して出動してきたジム隊と居住区で戦闘になる。クワトロ達はジム隊をスピードで圧倒するが、 そこにティターンズのカクリコン・カクーラー中尉が操縦するMk-II(2号機)が現れる。

一方、ティターンズのエマ・シーン中尉は、墜落したものの損傷が少なかったMk-II(3号機)で出撃しようとするが、 突然現れたカミーユに機体を奪われてしまう。技術士官の父を持つカミーユは、事も無げにMk-IIを動かし始め、 それを見ていたブライトは、カミーユにアムロ・レイの再来を感じる。

カミーユの目的はただひとつ。尋問で自分に恐怖を与えた憲兵に復讐すること。Mk-II(3号機)を使って目的を果たした彼は、 連邦軍やティターンズに対する憎しみから、近くでMk-II(2号機)と戦闘していたクワトロに加勢し、そのまま彼らに付いてグリーン・オアシスを旅立つ。

その頃、居住区でのモビルスーツ訓練に疑問を感じたブライトは、ティターンズ総司令官バスク・オム大佐に理由を尋ねるが、 正規の連邦軍人である彼は、ティターンズのエリート意識の逆鱗に触れ殴り飛ばされてしまう。 その光景を見ていたエマは、自分達(ティターンズ)は正しいのか疑問を持ち始める。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ

アニメぶろぐなBBS
アニメ版の顔は、劇画調でなかなかのイケメンおじさん。 ... アニメ版で、ブルー博士と学説上で対立するレッド博士も、漫画版にもちょこっとだけ登場しています。 ... アニメオリジナル回で前後編やるとは思わなかったです。 次回 ...