第11話「大気圏突入」あらすじ

アーガマに救助され、そのままエゥーゴに入ったブライトは、月へ戻るヘンケンに代わってアーガマの艦長に就任する。 ファも率先して雑用を手伝おうとするが、短いながらも軍隊で過ごしたカミーユは、ファと馴れ合いになることを嫌がる。 一方、テンプテーションを襲った地球連邦軍のパプテマス・シロッコ大尉は、地球へ進撃するエゥーゴの出端をくじこうと考える。

着々とジャブロー進攻の準備をするアーガマ。Mk-IIも大気圏突入用フライングアーマーを装備し、 いよいよエゥーゴとグラナダの連合艦隊はモビルスーツ地球降下作戦を開始する。 しかし、その直後、突然現れたシロッコの可変モビルアーマー“メッサーラ”によって、巡洋艦シチリアが撃墜される。

シロッコの鬼神のごとき攻撃にモビルスーツ隊が混乱する中、エマは編隊を外れて応戦に向かうが、編隊のキーとなるエマを戻す為、 クワトロはカミーユにメッサーラ迎撃を命じる。シロッコはエマのリック・ディアスの片腕を落とすが、 カミーユと後から加勢してきたクワトロ、そして地球の重力を避けるように撤退していく。エマはアーガマへの帰艦を余儀なくされる。

シロッコが戦線離脱したものの、間髪居れず、今度はアレキサンドリアの追撃を受ける連合艦隊。 ジェリドとカクリコンもマラサイで出撃しており、着任早々ブライトは迎撃に追われる。 混戦の中、エゥーゴ、ティターンズ入り乱れて地球へ降下していくが、Mk-II撃墜をはやるカクリコンは、 バリュート(大気圏突入制動装置)を開かずMk-IIに接近していく。

ジェリドの制止も聞かず、Mk-IIを追うカクリコン。しかし、Mk-IIの近くでバリュートがオートマチック展開してしまう。 突然、マラサイに制動力が働き、身動きが取れなくなったカクリコンは、フライングアーマーで機動力のあるMk-IIにバリュートを破られる。 大気圏で戦友が燃え尽きるのを目の当たりにしたジェリドは、敵討ちを誓いながら地球へ降下していく。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ