Zガンダム第12話「ジャブローの風」あらすじ

空からはティターンズ、地上からは地球連邦軍の攻撃を受けながら、何とかジャブローの地下基地へ進攻を果たしたエゥーゴ。 しかし、クワトロは地球連邦軍の抵抗の弱さに違和感を感じる。 その頃、先行してジャブローに侵入していたレコアは、カイと共に捕まり基地内に幽閉され、アーガマに基地の移転を連絡できずにいた。

地下基地内を進撃していくクワトロとカミーユは、途中でジェリドに遭遇し戦闘になる。 ライラに続きカクリコンを倒されたジェリドは、カミーユを追い込む気迫を見せるが、結局マラサイを破壊されて脱出する結果になる。 ジェリドを撃退したカミーユは、レコアの気配を感じ取り捜索に向かう。 その頃、捕虜の尋問をしていたアポリーは、基地の下150メートルに核爆弾が埋まっていることを知る。

核爆弾の停止不能を確認したクワトロはジャブロー放棄を決め、奪ったガルダ級輸送機2機で捕虜共々脱出を指示する。 しかし、単機でレコアを探すカミーユが戻らず、クワトロは百式で基地内捜索に出る。 やっとレコアとカイを見つけたカミーユは、クワトロとも合流しジャブロー脱出に移る。

一方、マラサイを失ったジェリドは、見つけた車輌を使ってジャブローの兵士達と共に地上へ出るが、輸送機の少なさから搭乗を賭けた争いに巻き込まれる。 輸送機が飛び立つ瞬間、ジェリドはティターンズ少尉マウアー・ファラオが機内から伸ばしてくれた手にしがみ付き、ジャブロー脱出を果たす。

エゥーゴ側でもガルダによる脱出が始まる中、アポリーは戻らないクワトロとカミーユをぎりぎりまで待つが、そこをハイザックに襲われる。 仕方なくガルダは離陸を開始するが、ようやく百式とMk-IIが現れ、ハイザックを撃退しながらギリギリでガルダに追いつき収容される。2機のガルダがジャブローを離れた直後、基地地下に仕掛けられた核爆弾が爆発する。



Zガンダム名言集 第12話「ジャブローの風」関連リンク

Zガンダムあらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ