第13話「シャトル発進」あらすじ

間一髪、2機のガルダ級輸送機、“アウドムラ”と“スードリ”でジャブローの核爆破から逃れたクワトロ達。 そこへ地球でエゥーゴを支援している組織“カラバ”のハヤト・コバヤシが現れる。 クワトロ達はハヤトの誘導の下、カラバ制圧下のケネディ宇宙空港へと辿り着き、カラバの支援で宇宙に戻る準備を始める。

その頃、内密に軍の監視を受けながら、北米で軟禁されるように生活していたアムロの元へ、 ハヤトと結婚したフラウ・コバヤシと、二人の養子になったカツ、レツ、キッカが訪れる。 すっかり気が抜けてしまったアムロに落胆したカツは「アムロもカラバに参加すべきだ」と主張するが、監視の目を気にするアムロの生気は戻らない。

一方、カラバでは、カイがハヤトに「クワトロはシャアで、正体を隠してリーダーになろうとしないシャアは卑怯だ」という内容の手紙を残して姿を消す。 ハヤトからこのことを問い質されたクワトロは、クワトロであることを貫き通そうとするが、彼の煮え切らぬ態度に腹を立てたカミーユに殴り飛ばされてしまう。 そこへ地球連邦軍の強襲部隊が現れる。

突然、可変モビルアーマー“アッシマー”を駆るブラン・ブルターク少佐隊の襲撃を受けたカラバ。 クワトロ、カミーユ、ロベルトは迎撃に出るが、2機ある地球脱出用シャトルの内1機を撃破され、激戦の中でロベルトが命を落とす。 百式とMk-IIは機動力のあるアッシマーに苦戦するが、何とかアポリー達を乗せたシャトルの打ち上げを成功させる。

その後、ブランはケネディ宇宙空港を制圧し、スードリの奪還にも成功する。 辛くもアウドムラで逃げ切ったカラバのクルーとクワトロ、カミーユは、次のアーガマ帰艦計画を練る為、ヒッコリーを目指す。 その頃、アポリーやレコアが乗ったシャトルは、無事にアーガマとのランデ・ヴーに成功する。 ジャブロー侵攻は終結するが、この件が地球連邦軍の内乱を浮き彫りにする。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ