第15話「カツの出撃」あらすじ

アッシマーやギャプランの修理を急ぎつつ、アウドムラを追うスードリ。ブランはロザミアとの会話の中で、強化人間である彼女に精神や情緒の不安定さを感じる。 一方、アウドムラでは、気持ちの切り替えが出来切らないアムロが、クワトロやカミーユ、カツ達からなじられ、卑屈と現状打開の間で葛藤していた。

そんな時、カラバのベルトーチカ・イルマがアウドムラをヒッコリーに誘導する為、複葉機“コメット”で現れる。 アウドムラと合流し、ヒッコリーにある地球脱出用シャトルの情報を伝えたベルトーチカは、機内でアムロに出会い、彼に興味を持ち始める。 そこへスードリが現れ、ロザミアのギャプランが出撃してくる。

煮え切らないアムロへの反抗心から、Mk-IIで無断出撃するカツ。 すぐにクワトロとカミーユが百式とリック・ディアスで後を追い、7年間操縦経験のないアムロもまた、ハヤトの制止を抑え出撃しようとする。 しかし、アムロは立ちすくみ、それを見たベルトーチカは、彼が内心では戦闘を怖れ、内面の背反と戦っていることを感じ取る。

その頃、勇んで出撃したものの、旧式モビルスーツの操縦経験しかないカツは、ロザミアのギャプランを前に手も足も出ないまま窮地に追い込まれる。 危ないところをクワトロとカミーユに救われたカツではあったが、最後に感じるままに放ったビームライフルがギャプランの脚を打ち抜き、 ギャプランはクワトロとカミーユに止めを刺される。

ギャプランからパイロットが脱出するのが見えたカミーユは、それが女性であったことに驚く。 その後、アウドムラに戻ったカツは、義父ハヤトから制裁の鉄拳を受け、個人の勝手な行動が大勢を死に至らしめるかもしれないことを知る。 若いカツが起こした血気の顛末を皆が見守る中、アムロは一人背を向けその場を離れていく。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ