第22話「シロッコの眼」あらすじ

月で訓練を受け戻ってきたファは、パイロット候補者になったことをカミーユに告げるが、ファに戦争に出て欲しくないカミーユと言い争いをしてしまう。 それを見たエマは二人の喧嘩を「レクリエーション」と名付ける。 しかし、カミーユもファも、カミーユの心がフォウと過ごした地球に残っていることを認識していた。

一方、シロッコから二人のニュータイプ資質者、サラ・ザビアロフとシドレを預かったジェリドは、若い二人を試すべく、索敵も兼ねてドゴス・ギアから発進する。 間もなく、アーガマへ新型機“メタス”と“Gディフェンサー”を搬送していたレコア達に遭遇したジェリドは、これを追いかけアーガマを引っ張り出そうとする。

この事態に気付き、アーガマからZガンダムを発進させるカミーユ。 エマがMk-IIで、アポリーがリック・ディアスで後を追い、ファもリック・ディアスで無断出撃していく。 Zの機動力を活かし、逸早くレコアのもとに辿り着いたカミーユはジェリドと戦闘になり、追いついたエマ達も、サラとシドレのマラサイと戦闘になる。

戦闘の中で機体に損傷を受けるファ。彼女を助けに入ったカミーユによって、シドレが撃墜され散っていく。 カミーユ達の意思を感じ、恐怖におののいたサラは勝手に後退を始め、ジェリドも仕方なく撤退していく。 無事レコア達を回収したアーガマでは、ファがエマからきつい叱責を受け、軍の厳しさを知る。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ