第26話「ジオンの亡霊」あらすじ

コロニー落としが失敗に終わり、グリーン・オアシスを目指すアレキサンドリア。 艦内ではエゥーゴの追撃を意識したヤザン隊が勝手に戦闘準備を始め、手に負えないジャマイカンはこれを放任する。 ジャマイカンと折り合わないヤザンは、ある計画を胸に抱いてギャプランで出撃し、発見したラーディッシュに攻撃をしかける。

押し寄せてくるヤザン隊に応戦する為、Mk-IIで出撃したエマは、戦闘能力が高いヤザンの前に窮地に立たされる。 しかし、そこを非正規出撃してきたカツのGディフェンサーに救われる。 エマとカツはMk-IIとGディフェンサーを合体させて“スーパーガンダム”になろうと試みるが、ヤザン隊の激しい攻撃で再三ピンチに陥る。

一方、アーガマに居たカミーユは、エマの窮地を感じ取りZで出撃していく。Mk-IIとGディフェンサーはZの加勢でようやく合体を果し、 コックピット・ブロックで離脱したカツは、ヤザン配下のアドル・ゼノ曹長のハイザックと戦闘になる。 カツはアドル機に損傷を与えるが、自身もヤザンから攻撃を受け、アドル共々戦闘空域を漂っていた廃艦へと不時着していく。

カツと彼を救いに来たエマは艦内でアドルと白兵戦になるが、アレキサンドリアの砲撃が廃艦を貫き、これに当たったアドルが戦死する。 その頃、廃艦のドックでヤザンと戦闘をしていたカミーユは、ギャプランの猛攻で窮地に立たされる。 しかし、カツが放置されていた“ゲルググ”を見つけて加勢に入り、不意の攻撃で機体を損傷したヤザンは、アレキサンドリアへ撤退していく。

カミーユのZとカツを乗せたエマのスーパーガンダムは、手負いのギャプランを追うが、ヤザンはアレキサンドリアの艦橋前で停止する。 ギャプランに向けライフルを撃つエマ。しかし、これを待っていたヤザンは銃撃を避け、空を切ったビームはジャマイカンの居る艦橋に直撃する。 Z、スーパーガンダム、ギャプランはそれぞれ撤退していく。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ