第27話「シャアの帰還」あらすじ

戦死したジャマイカンに代わって、ガディ・キンゼー艦長が指揮を取るアレキサンドリアでは、艦橋の修理を急ぎつつ、アーガマ追撃の準備が始まる。 一方、アーガマでは地球から戻るクワトロを無事に回収する方法が模索されていたが、アレキサンドリアから出撃したヤザン隊に見つかり交戦状態になってしまう。

その頃、地球のクワトロは、カラバの援助で宇宙へ飛び立つ準備を完了していた。 戦争孤児のシンタとクムを連れ、シャトルで大気圏を出たクワトロ達は、アーガマと合流すべく短艇に乗り移る。 一方、宇宙では、アーガマを守るラーディッシュがヤザン隊を迎え撃ち、アーガマもクワトロの回収に向けてカミーユ達を発進させる。

ヤザン隊とラーディッシュ隊の戦闘が激化する中、強化ビームランチャーを携えてアレキサンドリアを発進するジェリド、マウアー、サラ。 ジェリド隊は、マウアーのハイザックがランチャーにエネルギーを供給し、 ジェリドのガブスレイがZの動きを止め、サラがランチャーでZを打ち抜く一発勝負の作戦に出る。

なかなかZを止められないジェリド。しかし、そこへヤザンが参戦し、彼のギャプランと組み合ったZは遂に動きを止める。 ジェリドはサラに砲撃の合図をするが、エマとカツが、Gディフェンサーと合体し機動力を増したMk-IIで駆けつけ、カミーユに危険を知らせる。 カミーユとカツは意識の中でサラに砲撃をやめるよう訴える。

カミーユとカツの意識を感じ、一瞬躊躇するサラ。彼女が放ったビームはZを逸れ、ギャプランに損傷を負わせる。 態勢を立て直したいアレキサンドリアの命令で、引き上げを開始するジェリド隊とヤザン隊。 アーガマはクワトロの回収に成功し、妻子からのメッセージを受け取ったブライトは、暫しの間安らぎを得る。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ