第28話「ジュピトリス潜入」あらすじ

アーガマに帰艦し、ヘンケンとブライトにブレックスの死を伝えるクワトロ。 しかし、3人は悲しむ間もなく、サイド2コロニー群に集結するティターンズの対応に追われる。 そんな中、エゥーゴはシロッコが指揮する資源採取戦艦“ジュピトリス”の偵察をしようと計画するが、偵察員がレコアだと知ったカミーユは不安を募らせる。

危険を省みないレコアが心配なカミーユ。彼はレコアの後方支援を買って出るが、ファがカミーユのお節介に反感を抱く。 ファはブライトに本来支援不要の作戦にカミーユが出ることを抗議するが、結局彼女も支援に出され、カミーユを追って発進していく。 その頃、シロッコもまた、ドゴス・ギアからジュピトリスへ移動していた。

カツが拾ったゲルググを使って漂流者を装い、ジュピトリスに潜入したレコア。艦内を探っていた彼女は、シロッコに見つかってしまう。 しかし、その時、待機していたカミーユのZと、ドゴス・ギアから発進したサラのメッサーラによる戦闘が起こり、 レコアは混乱に乗じてジュピトリスを脱出する。

シロッコを心底仰ぐサラは、彼の為にZを倒そうと猛烈な攻撃をしかけるが、そこへファのメタスが現れる。2機を相手に一歩も引かぬサラ。 しかし、レコアのゲルググまで現れ、サラはファのメタスに損傷を与えたのみで、とうとうカミーユのZにメッサーラの脚を落とされてしまう。

戦場離脱を余儀なくされるサラ。シロッコは撤退してきた彼女をねぎらう。 一方、アーガマに戻ったレコアは、ブライトにジュピトリス艦内のことを報告するが、不意にシロッコのことが頭をよぎる。 結局ブライトにシロッコのことを報告しなかったレコアは、シロッコに興味を持っている自分に気付き困惑する。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ