第30話「ジェリド特攻」あらすじ

単身でフォン・ブラウンへ赴いたクワトロは、エゥーゴに出資するアナハイム・エレクトロニクス社の会長メラニー・ヒュー・カーバインと会い、 地球圏に姿を現したアクシズと結盟する作戦について話し合う。 その頃、アレキサンドリアのガディは、新たなアーガマ追撃策を発動し、大規模に組織されたヤザン隊を発進させる。

アーガマとラーディッシュを捕捉し、一気に襲い掛かるヤザン隊。突然の襲撃を察知した両艦は、モビルスーツ隊を発進させ応戦に向かわせる。 カミーユはZでヤザン隊を迎撃しに行くが、今度は別方向にアレキサンドリアが現れる。 アーガマが攻撃を受けているのを確認したカミーユは反転し、ファもカミーユの後を追う。

多勢のヤザン隊を前に、モビルスーツを出し切ってしまったアーガマとラーディッシュ。 両艦は態勢を立て直す為、アレキサンドリアの攻撃を避けて廃棄コロニーに隠れる。 しかし、これこそガディの真の狙い。コロニーの残骸に向かったアーガマは、不意にジェリドとマウアーの伏兵ガブスレイに襲われ、著しい損傷を被る。

アーガマの救援に駆けつけたエマのMk-IIとファのネモ。カミーユもジェリドと対峙する。 ジェリドはZを相手に善戦するが、態勢を崩したところに必殺の一撃を放たれる。 しかし、その一撃をマウアーが身をもって受け止め、ジェリドの目の前で散っていく。 憤慨したジェリドはアーガマに鬼神の如き特攻を仕掛けるが、奮戦虚しくカミーユとエマに退けられる。

マウアーが戦死し、ジェリドのガブスレイも満身創痍となり、アーガマ追撃を断念したアレキサンドリアは、ヤザン隊にも撤退命令を出す。 激戦を終え、アーガマは辛くも撃沈を免れる。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ