第33話「アクシズからの使者」あらすじ

ドゴス・ギアを退け、アーガマの前に姿を現したアクシズの旗艦“グワダン”。 ブライト、クワトロ、ウォン、カミーユ、レコア、アポリーの6人は、結盟交渉をしにグワダンへ赴き、代表者との面会を求める。 しかし、彼らが謁見の間で面会したのは、年端も行かぬ少女ミネバ・ラオ・ザビだった。

クワトロことシャアのかつての恋人ハマーン・カーンが摂政となり、ザビ家の正統な後継者として祭り上げられたミネバ。 以前、2歳だった彼女の養育に従事していたクワトロは、歪んだ教育で偏見の塊になってしまった少女を見てハマーンを叱責する。 クワトロがハマーンと対立したことで、アーガマ使節団は監禁されてしまう。

交渉決裂が決定的となる中、クワトロは監禁室を出る為にカミーユと喧嘩の芝居をする。 監視兵を騙して銃を奪ったアーガマ使節団は逃亡を試みるが、クワトロは単身ハマーンを探しに行ってしまう。 艦内でようやくハマーンを見つけ、彼女の命を奪おうとしたクワトロだったが、攻撃する前に兵士達に囲まれてしまう。

クワトロの窮地を救うカミーユとレコア。二人に「今は退却すべきだ」と諭されたクワトロは、白兵戦の末、ブライト達と合流しグワダンから逃亡する。 6人を回収したアーガマは、戦闘慣れしていないグワダンを撹乱して後退するが、そこをすかさずドゴス・ギアから発進してきたヤザン隊に襲われる。

ヤザンとダンケル・クーパー中尉、ラムサス・ハサ中尉によるハンブラビ隊の三位一体攻撃に苦戦するアーガマ。 出撃したクワトロやカミーユ達は次々と窮地に陥るが、駆けつけたラーディッシュに助けられ、辛くも撤退に成功する。 グワダンと接触したシロッコはミネバに忠誠を誓い、戦況はアクシズ・ティターンズ連合軍対エゥーゴの図式となる。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ