第34話「宇宙が呼ぶ声」あらすじ

クワトロとハマーンの対立が原因で、ジオン残党とシロッコの結び付きを許してしまったエゥーゴ。 アーガマはグワダンとの戦闘を避け、ヤザン隊から受けた損傷を修理する為にドック艦“ラビアンローズ”を目指す。 その頃、ドゴス・ギアでは、ヤザンがシロッコに手負いのアーガマを追撃するように進言していた。

シロッコからアーガマ追撃の許可を取り付け、ハンブラビ隊とマラサイ隊を発進させるヤザン。 アーガマとラーディッシュを捕捉したヤザン隊は、後方にマラサイのダミーを浮かべて両艦に攻撃を開始する。 これを受け、迎撃隊を出すアーガマとラーディッシュ。戦闘の中、メタスで出撃していたレコアは自分を呼ぶような思念を感じ取る。

その頃、敵の不自然な攻撃の仕方に違和感を感じたブライトは、クワトロとカミーユにヤザン隊の後方を探らせる。 後方に多数のマラサイを確認したクワトロ達は、エマ達援軍と合流して攻撃を仕掛けるが、すぐにマラサイがバルーンであることに気付く。 まんまと作戦を成功させたヤザンは、手薄になったアーガマとラーディッシュに詰め寄る。

ヤザンは一気にラーディッシュを沈めようとライフルを構えるが、レコアのメタスに攻撃を妨害される。 しかし、自分を呼ぶ思念に意識を奪われたレコアはそれ以上身動き出来なくなり、メタスはハンブラビの攻撃を受け大破する。 コックピットから抜け出し自分を呼ぶ者を探すレコア。次の瞬間、メタスは激しく爆発する。

思いも寄らない行動に出たレコアを回収したヤザンは、クワトロ達が反転してきたのを受け撤退命令を出す。レコアが戦死したと思ったアーガマでは、 クルー達が深い悲しみに暮れ、カミーユはレコアの想いに答えようとしなかったクワトロを責め怒りをぶつける。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ