第35話「キリマンジャロの嵐」あらすじ

アーガマがラビアンローズで修理を終えた頃、地球のカラバはティターンズ支配下の連邦軍基地“キリマンジャロ”への攻撃を開始していた。 そんな中、カラバを支援することになったアーガマは、衛星軌道上からキリマンジャロの注意を惹く作戦を発動する。 クワトロから作戦内容を聞いたカミーユは、地球に降りられないことに苛立つ自分に気付く。

その頃、アレキサンドリアに立ち寄ったヤザン隊は、ガディから量産型モビルスーツ“バーザム”を複数借り受け、アーガマの追撃を開始する。 一方、地球からの攻撃を確認したアーガマは対地攻撃を開始するが、そこをヤザン隊にも捕捉され、クワトロやカミーユを始めとする迎撃隊を発進させる。

ヤザン達のハンブラビ隊による“海ヘビ攻撃”に捕まったカミーユ。クワトロが百式でZを救おうとするが、ヤザンの攻撃でバランスを崩し、 そのまま地球の引力に引かれてしまう。すぐにクワトロを助けに行ったカミーユだったが、そのまま2機は地球へ降下し、カラバとの合流を余儀なくされる。

カラバが猛攻中のキリマンジャロ上空に降下したクワトロとカミーユは、激戦地域を避けて基地の偵察を開始する。 基地に潜入した二人は、強化人間の実験を視察していたジャミトフに遭遇する。 ジャミトフを銃撃するも逃してしまったクワトロとカミーユは、迷い込んだ実験室でフォウを見つける。

フォウが生きていたことに驚くカミーユ。彼はフォウに話しかけるが、フォウはカミーユを認識できず、そのままサイコガンダムに乗って出撃していく。 Zで後を追ったカミーユの呼びかけも空しくカラバ隊を撃墜していくフォウ。 カミーユも容赦ない攻撃を受けるが、アムロの“ディジェ”が加勢に入り、サイコガンダムは撤退していく。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ