第41話「目覚め」あらすじ

サイド2“21バンチ”コロニーへの毒ガス攻撃を目論むバスクは、レコアの忠誠心を試す為に、彼女に作戦の指揮を取らせる。 レコアはこの命令に嫌悪感を覚えるが、最早後戻りの出来ない彼女は、G3ガスとハイザックを伴い、メッサーラで出撃していく。 その頃、アーガマではロザミアの検査が始まっていた。

アーガマの医師ハサンの診察で、ロザミアの外見上は異常が見受けられず、気が気でなかったカミーユは一安心する。 しかし、ロザミアは「出撃」や「Z」などのキーワードに対して僅かに反応を示すようになり、本来の自分の任務を思い出し始める。 一方、ハサンはロザミアのドーピング検査や細胞検査を進めていく。

その頃、サイド2空域に侵入したレコア隊は、ガスボンベを運んでいたハイザックが監視網に引っかかり、アーガマに捕捉されてしまう。 これを受けたアーガマからエマのMk-II、ファのメタス、カミーユのZが次々と出撃するが、「ロザミアから薬物反応が出た」と報告を受けたクワトロは、 艦内で行方不明になったロザミアの捜索に手を取られる。

内心アーガマ隊の妨害を期待するレコア。しかし、ガスボンベのコロニー取り付けが完了してしまい、彼女は作戦開始の命令を出す。 結局、エマやカミーユ達はティターンズの虐殺行為を止められず、レコア隊との戦闘に突入していく。 その頃、カミーユを手伝おうと考えたロザミアが、無断でネモに乗りZの加勢に向かおうとする。

戦闘空域に辿り着き、ハイザックをたやすく撃墜したロザミア。しかし、コロニーの惨劇を目の当たりにした彼女は、遂に「打倒Z」の潜在意識が覚醒する。 一方、ロザミアを追ってきたクワトロは、レコアと因縁の戦闘になるが、作戦終了によるティターンズの撤退命令で、レコアもロザミアも去っていく。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ