第43話「ハマーンの嘲笑」あらすじ

グリプス2のコロニーレーザーがグラナダを射程距離に捉えようとする中、 グラナダのメラニー・ヒュー・カーバインは、現状を打開するためにアーガマへ特使を送る。 メラニーの親書には、グワダンにコロニーレーザーの破壊工作を依頼するよう指示書きされていたが、アーガマでは、これに反対する者が続出する。

目下、敵味方に近い状態のアーガマとグワダン。クワトロにとっても、 ハマーンにものを頼むのは屈辱的だったが、彼とブライト、ヘンケンは、この命令を受けることにする。 しかし、不満を示したファとカツは謹慎処分を受けてしまう。その後、「命令は命令」と割り切ったカミーユが使者となり、グワダンへ向けZを発進させる。

グワダンへ赴いたカミーユは、ハマーンから交渉の了解を取り付ける。 偵察も兼ね、自らニュータイプ専用モビルスーツ“キュベレイ”でアーガマを訪れたハマーンは、 コロニーレーザーの破壊工作を行う代わりにザビ家復興を認めさせ、更にクワトロに頭を下げて懇願するよう促す。ブライト、クワトロはその要求を呑む。

いよいよ始まる全面衝突。しかし、あまりに多いティターンズ艦隊を前に、アーガマとラーディッシュは苦戦する。カミーユのZも多勢を前に窮地に立つが、 謹慎を解かれたファとカツの加勢で救われる。その頃、ティターンズを援護すると見せかけたグワダンは、遂にコロニーレーザーに向け主砲を放つ。

ハマーンに裏切られたバスクは矛先をグワダンに向けるが、グワダンはティターンズ艦隊の射程を逃れ去っていく。 核パルスエンジンを破壊されたコロニーレーザーの射撃軸はグラナダを逸れ、アーガマとラーディッシュも撤退する。 クワトロはミネバとハマーンに会い礼を述べるが、激しい憤りと葛藤を覚える。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ