第44話「ゼダンの門」あらすじ

ハマーンは、先のグリプス2への攻撃が誤爆であったと取り繕う為、ジャミトフへの謁見を申し出る。 ジャミトフはこれを受けるが、ハマーンが信じられず、護衛のジェリドに隠し武器を携帯させる。 その頃、レコアを伴いゼダンの門へ出向くことになったシロッコは、サラにアーガマ監視を命じ、偵察用モビルスーツ“ボリノーク・サマーン”で発進させる。

シロッコが自分ではなくレコアを伴ったことを当て付けだと感じたサラ。彼女はシロッコの命令をアーガマへの陽動作戦だと解釈し、監視ではなく攻撃をしかける。 これを受けたアーガマは、カミーユのZを発進させる。シロッコに心酔するサラの目を開かせようとするカミーユ。 戦闘で機体に損傷を受けたサラは、空域に漂う廃棄隕石基地へ逃げ込む。

後を追ったカミーユは、上手くサラを捕まえ、シロッコに正義がないことを説こうとする。 しかし、サラのシロッコへの忠誠心は変わらない。一方、ジャミトフに謁見したハマーンは、話がこじれて決別してしまう。 逃亡に成功しグワダンに戻ったハマーンは、アーガマに援軍を要請し、両艦はティターンズのモビルスーツ隊と戦闘になる。

バイアランで一気にグワダンへ詰め寄るジェリド。カミーユは捕まえたサラをZに乗せ、グワダンの援護に向かう。カミーユはジェリドと戦闘になるが、 サラが操縦の邪魔をし思うように戦えない。とうとうZは窮地に追い込まれるが、メタスで出撃してきたカツに救われる。 ジェリドはカツの攻撃でバーニアを損傷し撤退する。

まんまとティターンズの攻撃を振り切ったグワダン。カミーユも撤退し、サラをアーガマへ連れて行く。 アーガマでは、サラが久しぶりに再会したカツに「強くなったね」と語りかけるが、かつてサラの裏切りで人間不信になったカツはにべもなく応じる。 その頃、ゼダンの門に攻撃をしかける為、アクシズが進攻を開始していた。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ