第46話「シロッコ立つ」あらすじ

ハマーンと会談する為、レコアとサラを伴い重モビルスーツ“ジ・O”でグワダンへ向かうシロッコ。彼からの報告でこの会談を知ったジャミトフも同席することを決める。 一方、ジュピトリスとグワダンの通信を傍受したアーガマもこの会談を知る。カツはサラをシロッコから開放しようと無断出撃し、アーガマはカミーユに後を追わせる。

レコアのパラス・アテネを艦外に待機させ、サラとグワダンへ乗り込んだシロッコ。しばらくして、カツもアーガマからの通信兵を名乗り着艦する。 カツを追ってきたカミーユのZもグワダンに滑り込むが、強行着艦した彼はアクシズの兵士に捕らわれてしまう。カミーユはそこでシロッコに付き添ってきたサラを見つける。

艦内でシロッコを探していたカツは、ミネバに謁見しに来ていたクワトロに出会う。事情を聞いたクワトロはカツを戻し、シロッコとハマーンを倒しに向かう。 その頃、ハマーンとシロッコ、ジャミトフの会談は険悪な状態になっていたが、 そこへ乱入したクワトロの射撃でシロッコが右肩を負傷し、シロッコの危険を察知したサラがボリノーク・サマーンで会談場を砲撃する。

混乱に乗じたシロッコは、ジャミトフを暗殺しサラと共にグワダンを脱出する。 ジャミトフ暗殺をハマーンの仕業に仕立て上げたシロッコは、ティターンズ艦隊にグワダン総攻撃を命じ、自らはジ・Oでハマーンのキュベレイと対峙する。 しかし、そこへカツがGディフェンサーで割って入り、放った砲撃はシロッコを庇ったサラの機体に直撃する。

サラの死に激昂し、カツに銃口を向けるシロッコ。しかし、幻影となって現れたサラがカツを庇い、 カミーユのZやクワトロの百式も参戦したことで、彼はレコアと共に撤退していく。 一方、戦闘中にグワダンは轟沈し、ミネバ達は大型艦“グワンバン”に移乗する。 エゥーゴとティターンズが互いに戦力を削りあう中、アクシズが存在感を増していく。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ