第48話「ロザミアの中で」あらすじ

グリプス2のコロニー・レーザーを奪われたハマーンは、その報復に小惑星基地アクシズを月面都市グラナダにぶつける作戦を発動する。 単艦アクシズに追いついたアーガマだったが、グラナダに近づき過ぎたアクシズに核が使えず、思案したブライトは、コロニー・レーザーの照射で進路を変えようと考える。

ミノフスキー粒子による電磁波障害の為、装備している通信機器ではグリプス2との交信ができないアーガマ。 ファやトーレス達はアクシズの通信施設を使うべく無人となった小惑星基地に潜入するが、 そこへ、精神を操作され新たにゲーツを兄と思いこまされたロザミアが“サイコガンダムMk-II”で現れ、アーガマへの攻撃を開始する。

アーガマからZで出撃したカミーユは、ロザミアを小惑星基地内部へ誘い込み、ハッチを利用してサイコガンダムMk-IIの動きを止める。 機体から降りた二人だったが、ロザミアが居住区へ迷い込み、そこで通信施設を探していたファと遭遇する。 かつてのことを思い出せず、ファに銃口を向けるロザミア。そこへカミーユも現れる。

カミーユやファと会話することで、精神と記憶が混乱し始めたロザミア。その場を逃げ出した彼女は、再びサイコガンダムMk-IIに搭乗し、メガ粒子砲の乱射を始める。 この砲撃で窮地に立ったアーガマを救う為、カミーユは断腸の思いでサイコガンダムMk-IIを撃墜する。ロザミアの死はゲーツにも影響を与え、彼は精神異常を起こす。

その頃、バスクの乗るドゴス・ギアは、実権を握ろうとしたシロッコのモビルスーツ隊から強襲を受けていた。 ゲーツやロザミアを失ったドゴス・ギアは劣勢に立たされ、とうとうレコアのパラス・アテネに撃沈されてしまう。 その時、コロニー・レーザーから放たれた閃光が宇宙を駆け抜け、直撃を受けたアクシズは軌道を変える。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ