第50話「宇宙を駆ける」あらすじ

戦闘空域を漂っていた廃艦の中に重症のエマを連れ込み介抱するカミーユ。ヤザン戦で超常的な能力を見せたZを見ていたエマは、カミーユにZが「人の意思を吸収」して強 くなれることを伝え、戦争終結を託して息を引き取る。しばらくエマの亡骸を見つめていたカミーユは、何かを思い立ったようにZで戦場へと戻っていく。

その頃、アーガマのブライトは、コロニー・レーザーでティターンズ艦隊を一網打尽にする作戦を発動するが、それをシロッコに察知されてしまう。 ジ・Oでグリプス2に向かうシロッコ、続いてクワトロの百式と二人を追ってきたハマーンのキュベレイもレーザー内部に飛び込み、 類い希なニュータイプ同士の三つ巴戦へと発展する。

戦闘の中でお互いの立場が相容れないことを確認したクワトロ、ハマーン、シロッコ。 クワトロはジ・Oとキュベレイの連続攻撃に苦戦を強いられるが、カミーユとファが現れ窮地を脱する。 そこで、ようやくコロニー・レーザーが動き始め、クワトロ達の脱出後、放たれたレーザーの咆哮は多数のティターンズ艦隊を焼き尽くすことに成功する。

戦況からザビ家再興に今しばらく時間がかかることを悟ったハマーンは、戦力温存のため主力艦隊の撤退を決め、自身はクワトロと対峙する。 キュベレイを戦艦の残骸に叩き付けたものの、満身創痍の百式は遂にキュベレイのファンネル攻撃で四肢を破壊される。 絶体絶命のクワトロは頭部のバルカン砲で廃艦を爆発させ、そのまま行方不明となる。

その頃、パワーで勝るシロッコのジ・Oとジュピトリス周辺空域で死闘繰り広げていたカミーユは、次々と現れたライラ、エマ、カツ、レコア、ロザミア、フォウ達の幻影 から助力を得る。唯一、サラの幻影のみがシロッコを庇おうとするが、カツの幻影に説得され、シロッコを自分達の元へ導く覚悟を決め身を引く。

「戦争を遊びにしている」とシロッコに怒りを爆発させるカミーユ。 人々の意思を吸収し、またも超常的なパワーを発揮するZ。ジ・Oは突然制御不能になり、ウェブライダー形態に変形したZの突撃を受け爆発。 シロッコの肉体は野望と共に消滅する。しかし、その断末魔はカミーユの精神を崩壊させ、ファの呼び掛けは彼に届かない…。



関連リンク

あらすじリスト

Zガンダム兵器一覧

お問い合わせ

アニメ - Wikipedia
最初の商業用テレビアニメ番組の『鉄腕アトム』で使用される。 ... 1965年6月号までは主にアニメーションという語を使用しており、アニメという語を使用する場合はアニメーションという語とセットで用いられていた。 7月号でアニメ ...