Zガンダムへの想い

Zガンダムのテレビ放送が始まったのは1985年3月2日。4月から4年生になる私には、まだ物語が理解できませんでしたが、それでもリアルタイムでずっと見ていました。 初代ガンダムの放送は1979年4月7日に開始しましたが、その頃私はまだ3歳だったので、初代ガンダムは再放送で知りました。 再放送といってもまだ7、8歳。ガンダムの複雑なストーリーを理解できるはずもなく、ただモビルスーツのカッコよさに釘付けになっていました。 近所の同級生も全員ガンダムファンで、みんなで誰かの家に集まっては再放送を見ていました。「めぐりあい宇宙」なんかは子供なりに深く感動したのを覚えています。 蛇足ですが、その頃はビデオデッキがVHSかβかでしのぎを削っており、VHSが優勢でした。 私の家のデッキはβだったので、録画したガンダムの再放送のテープの貸し借りができなかったという苦い思い出があります。 また、「キン肉マン」や「ナイトライダー」もその頃大人気でした。

そしてガンプラブームの到来です。近所には模型店がなく、ちょっと勇気を出して自転車で学区外にある模型店にコッソリと友人同士で買いに行っていました。 当時はビーバップの影響もあり、他所の学区に入り込めば身の危険を感じましたが、模型店のショーウィンドウにはガンプラのジオラマが展開されており、 パテで造り込まれたジャブロウの中に、ヒザを90度曲げたジムや肩や腰にリアルな英数字の型式番号が書かれたザク、 戦闘で傷ついたシールドを持つガンダムなどを見るだけで、本当にワクワクしました。 「凄ぇ〜!これ、どうやって造ったん?どうやって色塗ったん?」と友人同士で感嘆の声をあげていました。 子供の指先はまだ不器用で、ボンドがはみ出たり、色塗りが雑だったり、ヤスリがけなんて想像もできないレベルなので、 ショーウィンドウのガンプラには宝石のような輝きがありました。もっと驚いたのは、その模型店の店主に「これ、おっちゃんが造ったん?」と訊くと、 「ワシの息子が造ったんや」と返ってきたことです。「おっちゃんはそんな上手いこと造れへんわ」。 ガンプラ以外にも、ヘリコプターのラジコンや大きな戦艦の模型なんかもありましたが、高価すぎるし、身近には感じられなかったので、あまり記憶に残っていません。

当時のガンプラのパーツは、現在の様ににほどんど色付きではなく、ほぼ真っ白でした。なので、プラモを買えばカラーも買う必要があります。 私は一つ目のジオン軍のモビルスーツが好きで、黒やグレーなどの色を比較的多く持っていました。それらは使い回しができるので重宝したものです。 プラモの説明書にはそれぞれのパーツの色の指定があり、“目”の部分はエメラルドグリーンが指定されていました。 しかし、エメラルドグリーンは“目”だけにしか使えない色だったので、100円という大金をはたいて買うのは大変な葛藤がありました。 また、筆も様々な太さ・細さを揃える必要があり、必死に品定めをしたものです。 カラーには油性と水生があり、やはり油性の方がベットリとしっかり塗れたので、油性が好きでした。水生は色が薄くて重圧感が出ないので誰も買わなかったですね。

こうして私たちは初代ガンダムの洗礼を受けました。そしてガンプラに夢中になった素地があったからこそ、Zガンダムの登場には狂喜したものです。 予告編で聞いたZガンダムの主題歌も心に刻まれ、視聴する準備は万端でした。当時のアニメ雑誌「New Type」もZガンダム一色で、メチャクチャ売れていました。 勿論、私も購読していました。そして放送が始まり、Mk-Uのデザインや色に衝撃を受けました。 初代ガンダムのレトロな丸みがなくなり、洗礼されたモビルスーツのデザインは、それだけで原体験になりました。 しかしストーリーが複雑で小学生には理解できるはずもなく、わけが分からないまま全50話を見ました。その後のZZも見ましたが、やはり理解できませんでした。

あれから約20年、店頭でZガンダムのDVDメモリアルボックス版を見つけました。 そのジャケットを見ていると、ガンプラに夢中になったあの頃、Zガンダムの初回放送に衝撃を受けたあの頃の思い出が溢れ出てきました。 子供の頃に理解できなかったZガンダムを理解したい。そんな思いから、メモリアルボックス版全3巻を購入しました。 DVDを見始めると、理解できないながらも感動して全50話を見続けた子供の頃の淡い記憶が次々と蘇ります。 「あぁ!こんなシーンあったな!そうそう!あ、こういうことやったんか!ナルホド!」となり、本当に感慨深い再会になりました。 Zガンダムとの再会は、子供の頃の私との再会でもあります。そして大人の視線でZガンダムを見て、印象に残る名言が多いことに気付きました。 そしてその名言を、Zガンダムへの想いと合わせて公開するアイデアを思いつき、このサイトを立ち上げました。私なりの、Zガンダムへのオマージュです。 私と同じ世代の方には懐かしく、後の世代の方には新鮮でしょう。どうぞ『名言集』を楽しんで下さい。

Zガンダム登場人物名言集 連絡先

メールフォームよりお願いします。



アニメワン|グイン・サーガ
アニメのことならBIGLOBEが運営する[アニメワン]。「グイン・サーガ」 ... こういったところを見て欲しい、この部分の表現はこだわったなどスタッフ・キャストの生の声を聞いてよりいっそうアニメ『グイン・サーガ』の世界を楽しんでください! ...